新しいことが始められない人へ

新しいことを始めたいと思っても
実際始めるのは結構大変だ。

初めてのことだから
やり方もわからないし
時間もかかるし
メンタル的にもキツイ。

最初から
うまくできれば
やる気も持続するが
イメージ通りにできないと
やる気も起きない。
さらに自分を責めたりもする。

だから
自分には才能がない
と落ち込んむ人もいる。

だけど、
うまくいかないのは
才能がないのではなく
ただの勘違いであることが多い。

多くの人は
事実とは違う解釈をして
勘違いする。

※勘違い思考の対処法は新刊書『やさしいままでうまくいく』に書きましたので、興味がある人は読んでください。

その勘違いとは
自分に才能がないのではなく
自分に合ったやり方を知らないだけだ。

だから
周りと比較して
落ち込んでいる時間は
とてももったいない。

なぜなら、
他人とは
スタート時期が違うし
使える時間も違うし
個性も違うし
周りの環境も違う。

条件が違うのに
他人と比べても
全く意味がない。

比べること自体は悪いことではない。
比べる対象が間違っているのだ。

比べる対象を
過去の自分にしよう。

そして過去の自分と比較したら
「成長していること」を見つけよう。

成長したいと思いながら
行動する人は必ず成長する。

日本人は自分によくダメ出しする。
だから、
できていないことを異常に気にする。

学校や会社の中で
優秀な評価を得たいなら、
できないことを少なくすることに
意識を向ける意味は理解できるが

全国的に活躍する人に
必要なことは
できないことをカバーするのではなく
できることを磨くことだ。

自分が1番輝ける磨き方を
見つけることをから始めよう。

※WEBと大阪で体験コンサル会を開催します。
体験コンサル会
https://ameblo.jp/fukunaga-ryouto/entry-12776952090.html

 

最新のお知らせは、LINE・メルマガで優先的に配信します

目次