福永涼人オフィシャルホームページ
~作家プロデュース・スクールプロデュース・アートディレクション~






●作家プロデュースの流れ

1回あたり2時間程度行う「出版企画書」プロデュースのための個人コンサルを2~3ヵ月間で最低3回、基本的に直接お会いして行います。(電話での個人コンサルも可能です)プロフィールを出版企画書をご一緒に創り上げ、「商業出版」プロデュースを行っていきます。


●「出版企画書」プロデュースとは

まず、最初に行うことは、作家として大成するプロフィールを完成させることです。コンサルを複数回重ねることで、出版社から「この人の本を当社で出したい!」と思っていただけるようなプロフィールを共に作り上げていきます。

出版市場の最新動向やベストセラー、ロングセラーになる本の傾向分析を共有する他、書店での現場リサーチを共に行い、作家としてのポジションを明確にしていきます。

出版する書籍にふさわしいタイトル案を考え、出版企画書を一緒に創造していきます。

さらに、出版企画書なしでも出版企画が通るくらいの作家力を一緒に高めていきます。

上記の工程を1回あたり2時間程度行う作家プロデュースコンサルを最低3回、およそ2~3ヵ月間かけて行います。※回数と期間はおおよその目安です。必要に応じて回数や時間を変更します。

●「商業出版」プロデュースとは

希望される出版社を選定し、編集者とのアポイントを取得し出版社への営業代行を行います。提案後、編集者からのフィードバックを活用し、出版企画を一緒に進化させます。商業出版決定まで上記を繰り返し行い、提案し続けます。

執筆をライターに依頼することも可能です。必要ある場合、装丁家、本文デザイナー、イラストレーターのご紹介もします。

出版契約内容の確認、出版社とのやりとりをエージェントとして代行します。

全国のキー書店を紹介し、効果の高いPOPの作り方や書店訪問方法をコンサルティングします。

福永涼人のマイメディアでもご紹介します。


●福永涼人の作家プロデュースの特徴

商業出版で1冊出版できて終わりというプロデュースではなく、出版社から出版を熱望されるような作家になるために、ブランド力を高めてファンを増やすためのプロデュースになります。

出版ができて、重版を重ね、さらに2冊目、3冊目の書籍を出版できることはとてもうれしいことですが、一番大切なことを書籍を通して、自分の知識や経験、想いを伝え、自分が生きた証を残していくことだと思います。

自分が死んだ後も、書籍は残ります。世界の必要な人に書籍を通して想いを伝え、想いを受け継いでもらうこともできます。

書籍を出版することは文化を創っていくことだと思っています。一緒に文化を創造していきましょう。


【作家プロデュース費用】


契約金30万円+消費税

プロデュースした企画が通り、商業出版が実現したあと、作家に出版社から頂ける印税を100%とした内の3割(増刷、2次使用発生時も同率)のみで提供しています。

2冊目以降の出版のためにその都度、別途基本料や交通費、手数料がかかることは一切ありません。2冊目以降の書籍も印税の3割のみの契約とさせて頂いています。

※福永涼人が関わっていない書籍が出版された場合は、その書籍の印税はいただいておりません。